スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝、坊主に泣かされる

2006/11/08 (水)  カテゴリー/ひろぽそバナシ

なんのこっちゃのタイトルですが、お暇だったら読んでって下さいまし~。

昨日の朝のこと。
目覚まし時計が鳴るとガバーッと飛び起きたひろぽそ。
(本人は自宅療養中のため、目覚ましは必要ないが私のためにセットしていた)
その、物凄い勢いに気圧された私。
「どーしたのー?」

するとひろぽそは




「怖い夢?いや、あれは夢じゃない・・・
幽霊・・・見ちゃった。」
半ば放心状態でそんな事を言うではないか。
「幽霊?!」
胡散臭げに問う。
「うん・・・お坊さんの幽霊・・・
怖かったぁー。怖くて怖くてボロボロ泣いちゃった・・・」
はっ?な、泣いた、ですってぇ?
・・・ドン引きっすけど?!

なんでも、最初うなじの辺りをフーッと触られた感触があったとか。
「うわっ、キモッ、なんだよっ!」
と振り向こうとしたら、手首を物凄い力で掴まれ、引き込まれそうに(どこに?)なった、というのだ。
上半身は妙にはっきりしていて不気味な顔もはっきりわかる、だけど下半身は透けているのか、それともなかったのか覚えていない。
お坊さんの後ろに私が寝ているのまで見える。
助けを呼ぼうとするのだけど、金縛りにあったのか声すら出ない・・・

ま、十中八九夢でしょ。
と私は相手にしていなかったのですが。
ところが、夜になってもその時の恐怖は覚めやらず、私が暗がりに立っているとマジ切れする有様。

ボソボソ独り言を言っているなと思ったら
「40年生きてて初めてだなぁ。
幽霊見たの。」
とか言ってるし。

さてはて、真実はいかに?!
皆さんはどっちだと思います?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。