スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIE HARD 2006

2006/02/03 (金)  カテゴリー/Setsuバナシ

皆さんはご存知かどうかわかりませんが、わたくしSetsu、当年とって41歳、誕生日が来て42歳になります。
そんな私の41年間の人生で、初めて『もしかしたら死ぬかもしれない』と思う出来事がありました。
え?それはいつの話かって?
さっきですよ、さっき!
つい数時間前に私は確かに死と隣り合わせにいました。
死因は圧死、もしくは頚椎骨折、です。






皆さんは冷蔵庫の中味が意外なほど脆いのを知っていますか?
おいおい、死にそうだった話じゃねぇのかよ!と思ったそこのアナタ。
大丈夫ですよ~、忘れてませんよぉ、話の本題。
一旦、死にそうだった話は置いといて、冷蔵庫の話を聞いて下さい。

冷蔵庫の内側って簡単に剥がせるの、知ってました?

reizoko.jpg
これが2階のワンコ部屋にあった冷蔵庫なんですがね。

内側が
reizoko2.jpg
こんな風に

reizoko3.jpg
こんな風に

reizoko4.jpg
こんな風に剥がされちゃってるんですね~。

実を言いますと、この冷蔵庫、少し前に終わってたんです。
最初に、冷蔵庫(下側)のドアのパッキンを1周分、ぐるりと全部取ってしまったのをきっかけに、いたずらし放題でした。
最初はパッキンをもう一度はめ込んで使っていたのですが、やっぱりピッチリとは閉まらない。
そこで下の冷蔵庫部分は諦め、上の冷凍庫部分のみを使おうという事になりました。
下側は空っぽにしてドアが開かないようにガムテープで止めてありました。
ところが今度は冷蔵庫本体をいとも簡単に動かしてしまい、動かした事によって丸見えになった後ろ側の配線を噛み切り、とうとうご臨終へと追い込んでしまったのです。
しかし、使えなくなった冷蔵庫でも動かすのも大変な労力だし、下に降ろしたところで置き場所に困る。
という事で、そのままワンコ部屋に置いておいたのです。
しばらくは冷蔵庫の事など忘れ去ったかのように相手にしていませんでした。
このところ雪や雨などで外に行けず、エネルギーが有り余っていたのでしょうか。
ある時から、急に再び冷蔵庫に注目が集まりました。
で、くだんの画像と相成るわけなのですが・・・
毎日、仕事から帰ると冷蔵庫が部屋の真ん中に移動している。
そして何故か白い、薄っぺらいプラスチックのようなビニールのような破片が大きいのから小さいのまで部屋中に散乱している。
これを、大きいのは腰をかがめてゴミ袋の中へポイポイ投入し、小さいのは掃除機で吸い込むのだが、これが結構な労力。
特に今は掃除機が調子悪く、1階の掃除機を借りているので面倒くさい事この上ない。
今まで黙々と文句も少ししか言わずやって来たのだが、今日と言う今日は心底頭に来てしまった。

こんな毎日、もうイヤッ!!

そう叫んで、冷蔵庫をえいやえいやと部屋から押し出し、下へ降ろす事に決めたのでした。
最初はよかったのです。
冷蔵庫を押すだけでツツツーッと廊下を滑ってくれたから。
問題は階段。
一人ではやはり無理かなぁ?という気がちょっとしたものの、部屋に置いとけと言うひろぽその言い分を無視したのだから手伝ってもらえないかもしれない。
よしんば手伝ってもらえたとしても、「残業して来て疲れているのに」と文句を言われる事は免れ難い。

でも!
私だって疲れているのだ。
仕事をして帰って来て、食事の支度だってあるのに、毎日毎日奴らの後始末なんか真っ平ごめんだ。
よぅし、ここは一丁、一人で下まで降ろすしか道はないぞ!


そう腹をくくり、少しずつ冷蔵庫をずらし始めたのです。
その時、冷蔵庫がグラリと揺れて、私の手を滑り半分横倒しのような格好になってしまったからさぁ大変!

どうしよう・・・

冷蔵庫は私の膝の上で中途半端な斜めの格好でストップしています。

あぁ、このままでは冷蔵庫もろとも私も落ちてしまう・・・
だけど、この狭い階段で冷蔵庫と一緒に落ちたら、間違いなく首の骨を折るだろう。


死を意識したのはこの時が最初でした。
どうにもこうにも引き起こせないので、仕方なく横に寝かせた格好で動かせないかと、思い切って横倒しにしました。
ですが、階段はそれほど幅がなく、しかも私は太っている。
そう、私は冷蔵庫と壁の間にうまい具合にすっぽりと挟まってしまったのです。
その時です、私が圧死を意識した瞬間は。
もうにっちもさっちも行かず、どうしたものかと思いあぐねていると、冷蔵庫の底に亀裂がある(元々の作り。壊した部分ではない)のに気付きました。
そこに手を突っ込んで、冷蔵庫を逆さに吊り上げるような格好で少しずつ移動させる事に成功。
完全に上下が逆になった冷蔵庫の、底部分の亀裂に手を突っ込んで、引力の力と引き上げようとする力をうまく釣り合わせ、なんとか階段を降り切る事に成功。
あとは、ドア部分を下にして廊下をツツツーッと滑らせて移動することが出来ました。
全ての工程が終わった時、私は厳寒の最中だと言うのに額に汗し、肩で息をしていました。

でも、いいじゃないか。

生きてるって素晴らしい!


そんな訳で、どうにか死を免れた41歳の冬なのでした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

あぶないやんか!

setsu様、どうかもう無理なさないでください。冷蔵庫などもうどうだってよかたじゃないですか。せめて、三頭のわんズに粉々にはかいしてもらってから袋に入れて下ろして!
もう、びっくりしたじゃないですか。もう、おいら・・・おいら・・・・setsu様になにかあったら・・・・ううううううう・・・・おいら・・・・おいら・・・もうブログで笑わせてもらえなくなる。はともかくとして、ほんま、気をつけてください。かくいうおいらもこの間、絞殺されそうになった。だれに?そりゃあ、きまっとるでしょう。ぢゃっくや。散歩にいこうかっっておもって、リード(極太)を適当に肩にかけて、靴を履こうとしゃがんだら、何を思ったかぢゃっくはそのあたりのにおいをかぎはじめた。すると、するっと抜けるはずのリードがおいらの首にからまっていやーな予感が・・・。そのときビラ配りの人がタイミングよくぴんぽーん。ドアに向かったぢゃっく、おいらの首はしまる。数十秒間、おいらはパニックになりつつ、必死で息をした。もうちょっとで新聞に載るはめになるところだったのだ。とまあ、色々ありますなあ。とにかく、なにがあっても生きながらえてください。

ぢゃっく | URL | 2006/02/04 (土) 00:30

無謀だって!

重たいって!
しかも階段無理だって!
ワンたちがチャチャ入れてたら間違いなく
「チーン」
だったな・・・。
気をつけてくれよ~。
Setsuさんいなくなったらまじ笑うネタが無くなるって!
重要人物だけに体は大切にね!

妃鶴の母のhiroと申します。 | URL | 2006/02/04 (土) 01:47

カッコイイけど!!!

家でサイバイバルしないで下さいっ!(笑)っていうかひとりで冷蔵庫を運び出そうとするなんて、うちのママと同じくらい無謀でございます!!!(ママも天然木の巨大なクローゼットを一人で二階から降ろした無謀なヤツです^^;)何より無事で良かった良かった~!こんな面白いブログを読めなくなってしまうなんて考えただけで・・・ってちゃうねん!o(><)9=○)゜O゜)☆はいな~!路頭に迷うコ達がいっぱいになっちゃうよ~!

えりっぺ | URL | 2006/02/04 (土) 04:58 [編集]

大丈夫

貴女はそんなことでは死ねない
それにしても太っていることに感謝しなくちゃね  ゴメン!

03 | URL | 2006/02/04 (土) 09:54

>ぢゃっくどん
めちゃ早ッ!
アップしてすぐのコメントでせっちゃんびっくりよん。(笑)
ぢゃっくどんの銃殺の方がよりリアル。
ホントに死んじゃいそうで恐いんですけどー!
おまえも気をつけろよ!(爆)
私も何があっても生きながらえるから(超爆)

>hiroさん
やっぱ無謀?
私も後からそう思った(苦笑)
けど、もう後片付けに追われる人生に半分キレてしまったのだよ。(爆)
はい、以後気を付けます。
けど、重要人物って・・・・どーなの?!(爆)

>えりっぺ
ぎょえーん、上には上がいたぁー!
えりっぺママには負けまする~(爆)
確かに路頭に迷うよね、やつら。
はーい、今後は気を付けま~す。(笑)

>03さん
久々にカキコしてくれたと思ったら・・・
太ってる太ってる言うな!!(爆)
それがさぁ~、最近感謝出来ないほどの太りようなのよ。(苦爆)

Setsu | URL | 2006/02/04 (土) 10:21

あるある

 あるある、もう突然我慢できなくなって、巨大な家具やら家電を一人で運んでしまうこと。そして階段で、一歩も動けなくなって死の危険を感じたこと(苦)。階段はほんまに鬼門やね。踊り場を曲がれなかったり…。ま、お互い無理はせんときましょ。

小太郎の母 | URL | 2006/02/04 (土) 12:05

お願い、やめてっ!

冷蔵庫は、重いのヨ。
女の一人の力では、階段は無謀ヨ。
もぅっ!。setsuさんったら、圧死とか、頚椎骨折まではいかなくても、ぎっくり腰とか、手足の打撲はしていませんか?。
心配だわぁ~。

kazu | URL | 2006/02/04 (土) 18:24

無謀ですよ~

いくら何でも 冷蔵庫を一人で 2階から下ろそうなんて・・・。それも 冷蔵庫だけの 小さいモノだったら 大丈夫ですが そんな大きなモノをv-12
腰を痛める事だってあるでしょうし 骨折する危険性だってありますよ。
今後は くれぐれも 無理をしないで下さいね。(冷蔵庫に挟まれて圧死なんて 洒落にもなりません!!)

ひろみ | URL | 2006/02/04 (土) 18:30 [編集]

ふはははは

はや~いぜっ、はや~すぎるぜっ!えーきせんとりっくぼーい!という歌ご存知?

ぢゃっく | URL | 2006/02/04 (土) 20:39

>母さん
えっ、母さんも同類?!v-411
仲間がいて嬉しいわぁ~!
そうそう、踊り場とかカーブがクセモンなのよねっ!
母さんも死の危険を感じながらも、なんとか無事だったのね?
そうね、年も年だし、こんな事はこれっきりにしとこか。
今、全身(特に右腕)が筋肉痛ですっ。(爆)

>kazuさん
えへっ、ちょっとがんばっちゃったわ~。(^m^)
そうか!!両方の太ももを横断する大きな青あざがあったの。
なんだろか~?と不思議だったんだけど、冷蔵庫に挟まれた時のだわ!
あー、すっきりした!理由がわかんなくて「???」状態だったから。(爆)

>ひろみさん
ちょっと無茶しちゃいましたかね~?てへっ
はーい、これからは気を付けて運びま~す。じゃなくって、もうしませ~ん。(汗)

>ぢゃっくどん
知らない・・・
エキセントリックボーイ?
聞いた事あるような、ないような・・・
香川県のキャラクターとか何か?

Setsu | URL | 2006/02/05 (日) 10:21

お?

エキセントリックボーイです。はっはっは。やっぱり知ってた。うれぴー

ぢゃっく | URL | 2006/02/05 (日) 22:48

うわー無謀・・・

無茶しちゃいけませんぜ、姐さん!
・・・といいたいんだけど記憶の彼方に似たような焦燥感を覚えるのは・・・気のせい?
「ヤバイ!死ぬかも!」と思ってそうとう危なかったと思うけど・・・何があったか記憶にない!
・・・・そっちの方がやばい?
いや、きっと忘れたままの方が幸せなコトもあるはず・・・
ってことであえて記憶を手繰るのをやめました。
Setsuの姉御!ヤバイ事はほどほどに・・・
後ろから何かの拍子にどっかーーん!と大型犬sでも出てきたら・・・助からなかったんじゃ・・・・(こわー)

きゃらめる | URL | 2006/02/05 (日) 23:31 [編集]

>ぢゃっくどん
試したのねっ?ひどいわっ
よよよ・・・(爆)

>きゃらめるさん
きゃらめるさんの方がヤバイぢゃーん!(爆)
一体何があったんだろう?
知りたいような、知らない方がいいような・・・(笑)
ホント、奴らの襲撃受けたら間違いなく今頃ここにいなかったよ~。(苦笑)

Setsu | URL | 2006/02/06 (月) 06:41

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。