スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫注意報

2006/02/02 (木)  カテゴリー/街の風景

昨夜、ひろぽそから聞いたお話をひとつ。

職場のおばさんの飼っていたネコが亡くなったそうだ。
死因は交通事故。
おばさんの見ている前で車2台にはねられてしまったというから、おばさんのショックは計り知れない。

その状況というのが





半分外飼いだったおばさんのネコちゃん。
今年の異常なまでの寒さを凌ぐため、車のエンジンルームに入り込んで夜を越したらしい。
朝になり、おばさんが車に乗って出掛けたところ、動き出したエンジンにびっくりしたネコちゃん、慌てて車体の下から飛び出した。
運転していたおばさんも『何かが自分の車の下からサササッと飛び出した』程度にはわかったが、それが何かまではわからなかった。
何だったのかしら?と思いながら、目で追ったところ、それが自分ちのネコちゃんだとわかったそう。
しかし、時既に遅く、反対車線(2車線)の車2台に相次いで轢かれる瞬間を目撃してしまった。

可哀相な事をしたとしきりに後悔していたそうだけど、この極寒のさなかに外で夜を越させることがそもそも間違いだったのかもしれない。

実は、ネコが車のエンジンルームに入り込むことはよくあることなのだとひろぽそ。
ネコくらいの大きさならば、車体の下から簡単に潜り込める。
雨風は凌げるし、エンジンを止めたすぐ後ならば余熱で暖かいので、ネコには人気のスッポトなのだ。
問題はネコがエンジンルームに入り込んでいるのに気付かず(フツーは気付かんだろ)車を動かした場合。
潜り込んでいる場所によっては、かなりひどい状況になるそうだ。
車の整備をしている知人は、ミンチ状になってしまったのの掃除をさせられたと言う。
そこまでひどいといつまでも臭いが取れないのだそうだ。
何より、亡くなったネコのことを思うとやりきれない。
寒さを凌ごうとして、いい場所をみつけたと思ったのに・・・

屋外にも自由に行き来出来る環境でネコを飼われている方は特にお気を付け下さい。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

あるんだよね~

弟の会社の同僚、
エンジンルームに入り込んでたのを知らずに、エンジンをかけ・・・惨状に。

日本の多くのところでは、
猫も今は外で飼う時代じゃなんだよね。

ada | URL | 2006/02/02 (木) 11:40 [編集]

私も、冬場に2回ほどありました。
ボンネットの中から、みゃーみゃー聞こえてきて。最初はまさか、ボンネットの中に居るとは思っていないから、車の中?下?何処に居るの~!と走りながら考えていて、いつも行くスタンドのお兄さんに事情を説明して(嫌がられたけど)点検してもらって、ボンネットを開けたら猫が飛び出てきました。
事なきを得ましたが、猫が入り込むと
かなり悲惨な状況になるらしいですv-12

aoi | URL | 2006/02/02 (木) 11:51

自動車に猫といえば

 オーノーっ、ですね…うちのガレージにもよく野良ちゃんが来ているので気をつけよ。
 ボンネットではなくて、近所の人の職場に納品に来たトラックの荷台から荷物を降ろしていたら、なんと生まれたての子猫が2匹「産み捨て」られていたとか。「いい場所だわ」と産んだとたんに発進して親は驚いて逃げてしまったんでしょうかねぇ。それとも急に産気づいたのか??今はそのお宅と私の友達の実家で暮らしてますが…。

小太郎の母 | URL | 2006/02/02 (木) 13:25

ネコちゃん・・・(T.T)

おばちゃん、半分飼ってるんだったら朝ごはんあげて顔を見てから出かけるクセをつけるとかさ・・・自分の車から飛び出した瞬間に轢かれるなんて悲しすぎるよう(;>_<;)
ネコちゃん、どうか虹の橋を渡って天国の暖かい場所で暮らしてね。。。(T.T)

かばみー♪ | URL | 2006/02/02 (木) 21:29 [編集]

悲しい。

おいらの小さい時、近所で飼っていた猫がそこの車の下に、同じくそのこと同じように暖を取ろうとしていたものと思われるのですが、眠っていたらしいのです。そのまま知らずに車を発進させてしまい、それをそこの家のこが学校行こうとしてて、おいらが気づいたのだけど・・・「○○ちゃん、車の下に猫がいるよ」といったのだけど、もうすでに遅し・・・そのこはあわてて車に乗って今にも動かそうとしているお父さんに「お父さん!とまって!」といったけど、遅かったのです。おいらたちの目の前でねこがぐちゃりと惹かれてしまったのです。猫を見るたびに思い出す。あ~、なんで確認しないんだよぉ。

ぢゃっく | URL | 2006/02/02 (木) 22:04

えぇぇ?

中までもぐりこんじゃうの???
ボンネットの上で寝てるのはたまに見るけど。
うちのラルゴの窓にもよくにゃんこの足跡が
付いてるから気をつけないとなー。

知人の猫さんはクロネコ○マトの宅急便にひかれてしまったらしい・・・。

車どおり多いとこは心配だよねー
うちもバスどおりに面してるから子供・犬共
飛び出しには気をつけねば!

きゃらめる | URL | 2006/02/02 (木) 22:18 [編集]

そうなのだよね

SOSの電話で行ってみると、子猫がファンベルトに尻尾を引っ張られて可愛そうに、もう・・という状況だった事がありました。
その時に、頼んだガソリンスタンドの人が、東京から2時間も走ってきたんだけど、どこかに猫がいるんだ・・というお客がいて、探したら、どうしても、車体を切らないと出せない場所に子猫が入り込んでしまっていて、その人は、死なれてはかなわないと、東京へ帰っていった、という事があった・・・と、話していました。
その、スタンドの人いわく、
冬場は、車のドアを開ける前に、タイヤを2、3回蹴飛ばすのが有効だそうです。
平手でボンネットを叩くのもいいかもね。

ぷーまま | URL | 2006/02/02 (木) 23:38 [編集]

悲しすぎます・・・。

あ~ そのようなお話を聞くと 悲しくなります。早朝 道路で引かれているニャンをみると 取り合えず 道端に寄せて 環境なんとかという所に連絡はしますが・・・。
その方が 目の前で 見られたというのは とてもショックでしょう・・・。
以前 うちの遊びに毎日来ていた猫が 突然来なくなって そのお家を訪ねていったら その日から 行方がわからなくなってしまったそうです。
うちにも 野良がwanの餌を食べに来ていますが 飼う事は出来ないので どうしよう・・・。猫も犬も室内で 飼わなければいけないですね・・・。

ひろみ | URL | 2006/02/03 (金) 02:52 [編集]

>adaさん
お知り合いにもいましたか!
あれは高圧洗浄機で洗い流すのだそうです。
そうね~、もしどうしても外で飼う場合は、車の中に入らなくても雨風しのげるような場所を用意してあげないといけないかもね。

>aoiさん
aoiさん、それは間一髪だったねぇ!
でも事なきを得てよかったね。
その猫ちゃん、今度は見知らぬ土地で暮らして行くことになったのかしら?

>母さん
母さんちは特に気を付けなければ!
その仔猫の母猫、きっとびっくりして飛び出したか餌でも探しに出かけた隙に車が発進しちゃったか・・・って感じかなぁ?
仔猫ちゃんは里親がみつかってよかったけど、母猫は半狂乱で探したんじゃないかなぁ?

>かばみーさん
ホントにそうだよね。
ちょっとした確認をしなかったばっかりにねぇ。
おばさんもかなり落ち込んでいるみたい。

>ぢゃっくどん
いや~っv-399
なんて可哀相なのっ?!
子供の見てる前で飼い猫が・・・って。
ぢゃっくどん、トラウマにならなかった?
ホント、ちょっと確認すれば不幸は防げたのにねぇ・・・

>きゃらめるさん
結構奥の方まで入り込んじゃうらしいよ。
足跡がついてるくらいなら、可能性高いかも!要注意だね~。
黒猫ヤ○ト・・・それってひどい・・・お知り合いの猫ちゃんはまさか黒いニャンコじゃないでしょうね?
そうそう、飛び出しも同じ位気を付けないとね。

>ぷーまま
あぁー、ここでも?!
して、その子猫はどうなったの?助かった?
車体を切らないとダメな場所ってどこだろう?ひろぽそに聞いてみよう・・・
タイヤを蹴ればいいのか!
簡単で確実だね。
みんなももっと実行しよう~。

>ひろみさん
ホント、自分の目で見てしまったというのが余計に落ち込む原因かもしれないです。
姿が見えなくなったネコちゃんも、そんな目に遭ってなければいいのですが。
ケリーちゃんの餌食べてるの?
その時ケリーちゃんはどうしてる?
ちょっとほほえましい光景・・・
そうね、そういう事もあるから室内の方がベストかもしれないねぇ~。

Setsu | URL | 2006/02/03 (金) 07:09

とらうま

とらうまだなんのって、学校へいってもぼーっとしてたようなきが・・・。おいらって、ちょっととろいから、すぐにはわーってならないんだが、寝る前とかに思い出して、一人どよおんとなっていたりします。あれから、猫を見るとやっぱり思い出すのです。

ぢゃっく | URL | 2006/02/03 (金) 22:55

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。