スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医学VS自然治癒力、勝負の結果は?

2005/07/12 (火)  カテゴリー/病気?ケガ?

さてさて、昨日行って参りました、獣医さん。
医学と自然治癒力、どちらに軍配があがったでしょう?
そちらのTシャツの男性、どう思います?
こちらの奥さんは?

Winner・・・医学チームー!ぱふぱふぱふ~


ってか、傷口バックリ開いちゃってましたから~!
ダメじゃん。これじゃ公平な勝負とは言えないわ。
って事で、選択の余地なく手術決行。


まず、麻酔を打つ前に1本注射を。
5分ほど待ってから麻酔を打つんだけれど、すぐにフラフラ千鳥足くらいにはなる筈の麻酔なのに、全然効いて来ない。
先の注射の時に刺して包帯とテープで留めておいた針がズレてしまっていたらしく、麻酔液が体内に入っていなかった様子。
スタッフや私たちにまで当り散らす院長先生。(-_-;)
再度別の腕に針を刺し、最初からやり直し。
麻酔の前に打つ注射(詳しい説明はなし)→軽い麻酔注射(力が抜けて千鳥足になるが意識ははっきりしている)→本格的な麻酔注射(意識なし)+笑気麻酔といった手順。


ケガの縫合というだけなので、手術室とかではなく処置室の片隅で。
こんな按配で。

shujutu.jpg


shujutu2.jpg

これは、術後の画像。


院長先生がピリピリしているので、手術中はさすがの私も言い出せなかった・・・
術後、恐る恐る切り出して見ると「あぁ、いいですよ、どうぞどうぞ。縫ったところも写す?」と何故かご機嫌。
で、院長先生が撮影に協力して下さった画像がこちら。

shujutu3.jpg


バックリ開いてしまった傷口のビロビロしているところを大分切り落としました。
ビロビロはもう壊死してしまっていたそうです。
なので、画像をご覧頂くとわかる通り、他の肉球に比べて一回り小ぶりになっているでしょう?
糸は金属糸ではなく、ナイロン糸を使っています。
金属糸は丈夫だけれど、蘭丸のように気にして齧っちゃう子だと、一箇所切れると全部がズボッと抜けてしまうそうです。
その点、ナイロン糸だとそこまで丈夫ではないので、もし切れても一縫い分くらいで切れてしまうので、他の箇所は無事なんだそう。
ま、どちらも一長一短って事ですかな。
で、ナイロン糸を歯が入らないほど細かく細かく縫って下さっています。
さてさて、今度は大丈夫なんでしょうか?!


shujutu4.jpg


術後、下に降ろされました。
けど、ひどい仕打ちってワケじゃありません。Σ('∀`;)
麻酔が覚めた時に無理に起きあがろうとして、落ちる危険があるとの事。
放っておくといつまでも(と言っても一晩くらい)は目覚めないので、頬をペシペシ叩いたり、私たちが「蘭丸、帰ろう!」「凛が待ってるよ~」「ご飯食べる?」と呼びかけたり、果ては針の着いてない注射器でパフパフと空気を耳に掛けたり!
一生懸命無理やり起こすと、今まで聞いた事もないような悲痛な鼻笛。
つらく哀しい切ない響き・・・
それを聞いた時は「もしかしてもうダメなのでは?」と一瞬嫌な予感がよぎった私。
縁起でもないので、ひろぽそにすら言いませんでしたが・・・
隙を見せると再び眠りについてしまう。
それを見て「やっぱり・・・?!(T_T)」と思ったり。


半覚醒のまま、うつらうつらしている状態が続いたので、スタッフの皆さんも帰るに帰れずご迷惑かけてるな~と思ったからか、「車まで抱いて行っちゃいますよ」とカッコよく宣言したひろぽそ。
ところが、あとで泣いて後悔してましたぞ~。


やっとの思いで車まで運んだはいいが、後ろに積んだサークルの入り口部分にうまく蘭丸を入れる事が出来ず、よしんば入れられたとしても出すのは更に無理!と言うので、助手席でひろ君が抱いてな!と、重たい蘭丸を抱きかかえさせて、帰宅の途へ。
ところが、ツヤピカコートが仇になり、膝から滑り落ち床に丸くなってしまった。
家に着いて、車から出すのが大変な騒ぎ。
助手席床にうまい具合にすっぽりはまった蘭丸。
まさにジャストフィット!
前足を持ち、引っ張り出そうともがくひろぽそ。
「重いよ~、出せないよぉ~」
とりあえず、玄関のドアを開けに走る。
私が運転席側から助手席に移り、お尻の方を持ち上げるとなんとか引っ張り出すことが出来た。
でも、2階まで運ぶのは絶対無理と言う事で、しばし下のリビングで休ませる。

shujutu6.jpg


こんな感じ。
上に乗せてるのはクーラーよけの座布団。
うとうとしたり、起きてはピーピー切なく鳴きながらヨタヨタ歩き回ったりの繰り返し。
私たちが横で食事してても欲しがらず・・・よっぽど辛いのね~とまた涙。
でも、一眠り毎に確実に元気になって来ているのが救い。


そうそう!
皆さんにぜひともお伝えしておかなくては!
麻酔が完全に切れていないせいだと思うのですが、ものすごくおしっこします。
量ではなくて回数。
多分、感覚がわからなくなっていて、残尿感だけうっすら感じるのでしゃがんでみる・・・という感じ?
ポタポタポタ程度なのですが、それがあっちこっちに。(^_^;)
あとはヨダレ。
目覚めてすぐはそんな事なかったのに、時間が経てば経つほどヨダレの量が多くなって・・・それが最も心配だった事の一つ。
ほとんど水のような、粘り気のまったくないヨダレが、口を閉じていてもポッタポタポッタポタとエンドレスに垂れ続けていました。
麻酔液の量が多すぎたりして、『ヨダレを出せ!という脳の信号が正しく働かなくなってしまった』のでは?!と、すごく心配しました。
が、今朝起きてみたらそんな事はなかったので、一時的なものだったようです。
でも、獣医さんではそういった説明も一切なかったので・・・
ってゆーか、普通午後6時半に手術(終了した時間は8時半)っつったら、フツー、入院させるよね?!
入院させてもらえなかったんです、蘭丸嬢。
「この子は目覚めた時に家じゃなかったら多分パニックになるでしょう。この子は入院は出来ない、させない方がいい」って一方的に言われて。選択の余地全くナシです。
そんな事ないと思うんだけどな~とひろぽそと私。
そりゃ最初は騒いだりする事もあるかもしれない。
でも、諦めの早い子なので、多分大丈夫だったと思うんだけど・・・
あんな時間に帰されて、緊急連絡先も教えてもらえず、何かあったらどうするつもりだったんだろう?
出血が止まらないとか、麻酔から覚めないとか・・・
ちょっと不信感を持った私でした。
でも、他の獣医さんも様子伺いで行ってみたいなと以前言ったら、「ウチは代々○○動物病院なの。ずーっとお世話になっているのに変えられないよ。せっちゃんってそーゆーの、平気なんだね、見損なったよ。」とまで言われちゃいました、ワタシ。Σ(´Д`lll)エエ!!
私は自分の病院でもそうだけど、常によりよい所を求めているので、そういうの平気です、確かに。
しかも私はトイを引き取ってからのお付き合いなので、そんなに義理も感じてないしね~。
義理どころか、今回の不信感の方がより大きいよ、ワタシャ。
いつもの副院長先生だったらそんな事なかったのかな~?


最後に、元気になった蘭丸の画像を。
ひろぽその顔が二つありますが気にしないで・・・('∀`;)
shujutu7.jpg


この後すぐ、自力で2階に登って行きました~。
今朝も元気に朝御飯を完食。
でも、本調子でないのか寝てばかりいますが、部屋に入って行くと尻尾プリプリでお出迎えするくらいの元気はあるのでご安心下さいねー。
凛も優しく見守ってます。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2005/07/12 (火) 14:53

お疲れさま

蘭丸嬢、無事に手術終わったようで、安心しました。出来れば入院させて欲しかったですよね。
大型犬は麻酔してあったら全身の力が抜けていて、もの凄く重たいんだろうなぁ。
お疲れさまでした。このまま早くキズが治って凛ちゃんと駆け回れる様になれるといいね。

qoo/mutsu | URL | 2005/07/12 (火) 14:58

日記を読んでいて、欄丸ちゃん、いったいどうなるんだ~と心配しましたが、無事に麻酔から覚めて良かったですね。

でも、麻酔が覚めていない子を引き取らせるなんて、同じく不信感を持ってしまいます。

ハッピードッグ | URL | 2005/07/12 (火) 21:27 [編集]

qoo/mutsuさん、ハッピードッグさん

>qoo/mutsu さん
ホント入院させてほしかったですねぇ~。
不安な気持ちで夜を過ごすよりは医療の専門家がついててくれれば、それだけで安心できますもの!
ホントにね、めっちゃ重かったみたいですよ~。(≧m≦)
「火サスで死体を運んでるシーンがあるけど、ありゃ絶対ウソだね!!」と言ってました。(苦笑)

>ハッピードッグさん
やっぱりそうなんですね・・・
麻酔が覚めてない内は帰らせるものではないんですね。
私たちも無知で、言われるがまま連れて帰って来てしまって・・・蘭丸には可哀想な事をしました。
今回の事はそういった意味も含めて、私たちもとても勉強になる事が多かったです。
あとは傷が完治するのを待つのみです。

Setsu | URL | 2005/07/13 (水) 09:56 [編集]

Setsuさん、おひさしぶりです^^
ブログにされたんですね!
さっそくブログリストに登録しちゃいました。

蘭丸ちゃん、大変でしたね~><
でも今度こそしっかり縫ってもらったから、傷もくっついてよくなるでしょう^^
獣医さんてば、早くやってくれればいいのにね・・・
明日やりますからとか明日決めますからとか、あんまりひどすぎ。。。
でも、もうすぐ走れるようになるね^^
傷口をなめないようにね、蘭丸姫^^

aqua | URL | 2005/07/13 (水) 22:26 [編集]

aqua さん

おぉ~~!
お久しぶりです~。お元気でしたかぁ?
これは早速遊びに行かなくては!
ブログリスト、ありがとうございます。
私も登録させてもらっていいですか?

ホント、初診の時に縫ってくれてればよかったのにと思いましたが・・・
傷口が開いてしまった今は何も言いますまい・・・(苦笑&脱力)

では、これから遊びによらせてもらいますね~。

Setsu | URL | 2005/07/14 (木) 12:06 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。